Swedish Stockings interview

この度k3では、地球環境問題や動物保護などのソーシャルグッドに取り組んで活動しているブランドを取り扱う部門とし、『Sustainable k3』をローンチ致しました。

Sustainable k3として、5/22より発売となります新ブランドSwedish Stockingsの共同創立者でCEOのリンさんへのインタビューが実現しました。

 

 

1,簡単に自己紹介をお願いします。

また2014年にスウェーディッシュ ストッキングを立ち上げるきっかけもお伺いできますか?

 

こんにちは!私は世界で唯一のサスティナブルレッグウェアブランド、Swedish Stockingsの共同創立者でCEOのリンです。リサイクルされた材料で作られたストッキングとソックスを展開しており、環境に優しい方法で生産をしています。私たちの目標はデザインとクオリティーに妥協せず、最上級のエコフレンドリーなオプションを提案し、レッグウェア産業全体を変えることです。

具体的にはナイロンの生産過程がとても有害であること、長持ちする素材でないことなどです。ご存知かもしれませんが、実はナイロンは石油製品ですので、オイルから作られています。ストッキングは世界でも莫大な消耗品であり、毎年20億枚のタイツが履かれて、破れてゴミ埋立地に捨てられています。私たちはこのような現状をみなさんに知らせ、この業界でベストなオプションを提案できるよう変えたいと思います。いいことをしながら見た目も良く、履き心地も良くできるという信念を持って。

 

 

2,日本に初めて展開するという事でSwedish Stockingsのブランドアイデンティティやコンセプトを改めてお伺いできますか?

 

Swedish Stockingsとはよりサスティナブルな未来に近づくための意識的なファッションの選択だと思っています。今まで大手の会社が取り組まなかったリサイクルナイロンを使用した製品を作っています。私たちのような商品の必要性と、人々のサスティナブルへの関心が増えていくことをみるとすごく嬉しいです。またそれらが新しい素材の開発や革新的な活動の原動力となります。

いつも業界の先駆者になることを目指して頑張っています!

私たちの美学はクリーンでミニマルなデザインの中に人々をワクワクさせるような要素があり、言うなればとてもスカンジナビアっぽいと思います。サスティナブルファッションはつまらないファッションを意味するのではなく、もっと面白く、大胆で、オシャレな方法で提案したいと思います。進歩的な日本のファッション業界で受け入れてもらえることを祈っています。





3,サスティナブルブランドを始めるというのは簡単な事ではないと思うのですが立ち上げの時の思い出など少し教えて頂けますか?



Swedish Stockingsが誕生した時、全ての物事は(アイデアの段階から実際のオペレーションまで)とても早い速度で進行していきました。私の経歴はもともとファッションではなく金融でしたので、道々たくさんの新しいことを学びました。実際何かをやりながらそこから学ぶと、絶えずもっと学びたくなり、それが私たちを成長させてくれたと信じています。

私たちと今取引している工場に初めていったこともとても鮮明に覚えています。経験も知識もなかったこともありますが、イタリアへ向かっている時には500~600足位のタイツを注文しようと考えていました。ですが、家に帰ってきた私は22000枚のタイツを発注しました!その時まだ金融の仕事をしていた私は遂に仕事をやめフルタイムでこのチャレンジに取り組まないといけないと気づきました。

次の日、上司に辞表を提出しました。






4,アクセントとなるカラーリングがとても独特でオリジナリティーを感じるのですが、展開カラーはどのように決めているのですか?

また新作のデザイン、展開などどのような過程で決めていく(進めていく)のですか?


商品開発では様々な角度から検討します。まず真っ先にお客様のニーズ、要望を聞き、トレンドにもオープンに、かつ革新的な方面からも考えます。

日用品としてのベーシックなレッグウェアももちろんですが、カラフルで目を惹くようなものも展開し続けたいと思います。弊社のベストセラーも改善するため一生懸命に頑張り続けています。忘れがちなことですが、素晴らしい新商品を発表することもですが、既存の商品、特にお客様に一番愛される商品のクォリティーや機能性のレベルを上げることもとても大事だと思っています。






5,イノベーションライン*の発売おめでとうございます!!

私たちも商品を履くのをとても楽しみにしています。

今回ナイロンのリサイクルのこと、エラステインのリサイクルのこと初めて知ったことも沢山ありました。この機会に、読者の皆様に是非伝えたいストッキングのリサイクルに関する事があれば教えて頂けますか?

*イノベーションラインとは100%リサイクルの素材で出来たストッキングのラインで2019年4月にヨーロッパにて先行販売されているライン。それ以前のラインはナイロンはリサイクル素材だったがそれ以外の素材(例えばエラステイン)はリサイクル素材ではなかった。




ありがとうございます!100%リサイクルストッキングを展開する世界初のブランドになって嬉しい限りです。

また製造とは別に私たちは、使い古したタイツのリサイクルプログラムを行なっています。

ブランド問わず捨てられるはずのストッキングを全世界のお客様から回収、別の素材への転換を行なっています。それらはオイルを入れるタンクといった素材になっています。あまり知られていない点は、取り扱い頂いているショップで実際リサイクルされたタイツで作られた什器がディスプレイとして使われていることです。リサイクルされたタイツからクリエイティブなことをしながら、小さなものでもゴミにさせません。






6,チームのご紹介をお願いします。



みんなそれぞれ経歴も性格も違うのですが、ビジネスを発展させる為に皆の様々な経験が生かされ幅広い考え方ができるところが我々の強みです。

また一致しているのは商品に対しての信念、確信、会社の未来像です。私たちが何をしているかが大事ではなく、何故しているかが大事だと思います!




7,日常生活で取り入れているサステイナブルな活動があればシェアしていただけますか?



個人的なレベルでも、スウェーデンではゴミのリサイクルがとても一般的なことです。私たちは自然が大好きなので、美しい環境を維持するために日常生活で出来ることがあれば貢献しています。私は田舎で生まれ育ちましたので、私の小さい犬ジャックラッセルテリアの“フラン“とストックホルムから2時間離れた田舎にある別荘で週末を過ごすのが好きです。地元で作られた食材を食べることや釣り、夏から秋にキノコを採りに行くことをすごく楽しんでいます。





8,ご自由に日本の皆様にメッセージがあれば!


日本にローンチすることになり、商品をお客様により便利に届けることができとても光栄です。ファッション業界がもっとサスティナブルな方向に変わるという私たちの夢を共有しながら、商品を楽しんでください。私たちの取り組みにジョインして、私たちのインスタグラムswedeishstockingsをフォローして世界に広めてください。一緒にやれば世界は必ず変わります!


NEWS LETTER